快読ショップYOMUPARA
アイテム
読書ライト
  • 3LEDブックライト 
  • 2LEDブックライト
  • 1LEDクラフトライト
  • 寝室読書灯L-Flex OLE
  • 寝室読書灯L-Flex OLEクリップタイプ
  • 拡大鏡(ルーペ)
  • LEDスタンドルーぺ 
  • 本の収納
  • 本の収納ボックス 
  • テーブルクッション
  • テーブルクッション 
  • ラップトップトレーテーブル
  • 蔵書データベース
  • バーコードリーダ
  • 読書スタンド
  • LEVO G2フロアスタンド 
  • Malobrà(マロブラ) 
  • リザウンド読書スタンド 
  • ページ押え
  • Gimbleトラベラー 
  • ブックストッパー
  • ページホルダー
  • ブッククリップ 
  • FlipKlip 
  • サムシング
  • 書見台
  • Malobrà(マロブラ) 
  • easy-read
  • BookGem
  • Paperbax
  • しおり・ブックマーク
  • Albatros(アルバトロス) 
  • FAQ ここまで読んだMONO 
  • mark_my_time 
  • BookDarts
  • PageKeeper
  • スワンタッチ
  • 本から落ちないしおり
  • きんのしおり
  • Intervista Libriメタルブックマーク
  • ミュージックチェーン
  • ハッピーフェイスクリップ
  • メタルインデックス
  • メタルバーブックマーク 
  • アニマルブックマーク
  • BookSling
  • BookSling MINI
  • キャットブックマーク
  • 本棚グッズ
  • James the bookend
  • ブックスペーサBook-X
  • 本棚の地震対策グッズ
  • 本の補修用品
  • ペーパーエイド
  • 補修クリアテープ
  • ブックグルー
  • 革装本トリートメント剤
  • ソルベントとラバークリーナー
  • 本のラミフィルム
  • フィルムルックス609
  • フィルムルックスソフトPP
  • フィルムマット
  • CoLibri
  • フィルムカバー用スクイージー 
  • ブックカバー
  • 革製ブックカバー四六版
  • オイルレザー/グローブレザーブックカバー
  • レザラボブックカバー
  • ミュージックforリビング ブックカバー
  • ブックショルダー
  • ブックフェイス
  • 布本包
  • キャンバス(帆布)ブックカバー
  • 三河もめんブックカバー
  • HSブック&カードホルダー
  • エコノミーブックカバー
  • HSカバーる 
  • kenema手拭いブックカバー 
  • お風呂で読む本
  • 文庫100選 
  • 源氏物語 
  • 日本の昔話 
  • じゃぶじゃぶ紙芝居 
  • オーディオブック
  • CDセロ弾きのゴーシュ
  • おきなわおーでぃおぶっく
  • 人類館
  • 静音グッズ
  • イヤーマフ 
  • 科学の耳栓・サイレンシア
  • コレって読書用品?
  • 名入れ風呂敷 
  • うすけずりん
  • DeskGimp
  • ウィンドミル・テープディスペンサー
  • シェークスピアマグ 
  • ガイド
    これからも読書生活をもっと快適にサポートする商品群をどんどん増やしていこうと考えています。
    10,000円(税込)お買い上げで送料無料!通常商品送料全国一律480円(沖縄を除く)
    6,000円(税込)お買い上げで代引き手数料、NP後払い手数料無料!
    ご意見ご質問はお気軽にshopmaster@yomupara.comまでメールをお送りください。
    お電話によるお問い合わせは
    050-3568-2821 で承ります。

    本の収納ボックス2,268〜2,862円

    

    本のサイズにぴったり合った収納用段ボール箱。増え続ける蔵書をばっちり収納。

     

    申し訳ございませんが、現在、販売を中止しております。

     

    増え続ける文庫本や新書、コミックス。すぐに本箱はいっぱいになってしまいます。
    どうしてますか? 本の収納。

    段ボール箱に入れて押し入れに、という方は多いでしょう。
    箱に詰めると、本箱に入れているより格段に単位面積あたりの収納冊数は増えます。しかし、いざその箱の中から本を探そうとすると、それはとても困難です。本が2段3段になっていて、上の段の本を取りのけないと下の本が出てきません。これじゃ単なる死蔵です。
    また通常の段ボールのサイズは本がぴったり入るようにはなっていないので、箱の中に無駄なスペースが生じたり、本が曲がってしまったりもします。これはどうもいただけません。

    そこでYomuparaでは本のサイズにジャストフィットする段ボールの収納Boxを作りました。収納Boxのフタをあけると、本が重なっていないので、中身の本の背表紙がすべて見渡せます。ぴったりサイズなので本も傷みませんし、スペースも最大限利用できます。

    Yomuparaオリジナルのこの収納Boxは、本をうまく、そしてコストを最小限に収納するというコンセプトで作っています。新書・コミックス・文庫共用タイプと文庫本専用タイプそしてB6/四六判タイプを用意しました。

    「本の収納ボックス[文庫]」は文庫本が約80冊きちんと収納でき、箱の長辺が45cmと、シェルビングなどの収納家具にぴったり収まるというメリットがあります。

    「本の収納ボックス[新書]」は新書および新書サイズのコミックスにぴったりのサイズです。また並び方を変えると文庫本もきっちり収まるサイズに設計しました(2008/07にサイズを改良。少年マガジンコミックス等に対応しました)。

    「本の収納ボックス[B6/四六]」は最近特に多くなったB6サイズのコミックスや、「選書」シリーズなどのB6サイズの書籍、それに一般の単行本で多くみられる四六判の本に最適化させたサイズになっています。



    ●「死蔵」にならないために

    収納ボックスはフタを開ければ背表紙が一覧できるというものの、箱に入れることで、本棚に一列に並べておくのに比べれば視認性は確かに悪くなります。

    しかし、本棚一列収納が(本が増えすぎて)物理的に不可能だからこそ、収納ボックスが必要になるわけです。しかし、そうは言っても、何とかならんのか。

    2つのソリューションがあります。

    ひとつは、収納ボックスに本を詰め込んだあと、その背表紙をデジカメで撮影し、プリントアウトしたものを収納ボックス側面に貼り付ける方法です。プリントアウトサイズをうまく調整すると、背文字がばっちり読める大きさになります。実例は「All About[男のこだわりグッズ]溢れる本に立ち向かうために」で紹介していただいています。

    もうひとつは当店でも販売しているバーコードリーダを使って蔵書データベースを作ること。最小限、収納ボックスに入れた本だけでもデータベース化しておき、データベース側に収納ボックスの番号を入力しておくことで、どの本がどの箱に入っているかが、PCを使って瞬時に明らかになります。

    ●日焼けや汚れの防止にも効果

    収納ボックスに入れることで、本箱に並べるよりも格段に単位面積あたりの収納量は向上しますが、それ以外にもメリットがあります。

    本棚に並べたり、床に積み上げたりしていると、どうしても本が汚れてきたり日焼けしたりしますが、そうしたこともなくなります。

    ネット上ではこの製品に対し「湿気を吸う」とか「ゴキブリの巣になる」なんていう根拠のないデマを書き散らすヤカラがいますが(何でそんな知りもしないことをデタラメに書くんでしょうかね)、まったくそんなことはあり得ません。

    湿気に関しては、もともと湿っている本を詰めた場合に、乾燥に時間がかかるだろう、ということくらいで、基本的には「部屋の湿度と同じか、それ以下」に落ち着きます。ゴキブリに関しては「他の場所より本の収納ボックスに選択的に集まってくる」なんてことはありえません。もしヤツらにそんな習性があるなら、食品の保管や輸送に段ボール箱は使われるはずがないじゃないですか。本棚の後ろの隙間以下の危険度とお考えください。

    ●底板と仕切り板

    段ボール箱は組み立てると底面の打ち合わせ部分に段ができます。本の収納ボックスには、その段差を埋めるための底板が入っています(打ち合わせのないB6/四六サイズを除く)。

    底板をセットすることで、底面がフラットになり、入れた本が歪んだりすることがないように工夫しました。

    また微妙なサイズの違い(たとえば一口に文庫サイズと言っても、出版社によりサイズはいろいろです)を吸収するために、仕切り板もお付けしました(必要に応じてカットするなどしてご利用ください)。きっちり詰め込むことで、積み上げ時の強度はよりアップします。

    ●けっこう丈夫です

    本の収納ボックスはミカケより丈夫です。

    2008年8月に素材をより強いものに変更しましたが、変更後の製品では本を目一杯詰めたものを10段重ねてもビクともしません。

    ということは畳でいうと8分の1畳の床面積に約800冊の本を収納できることになります。脅威の収納力です。ただし、本を詰めると1箱あたり15キロくらいの重さ(本の種類によって異なる)になってしまいますので、床の耐荷重には十分ご注意ください。10段以上積み上げても大丈夫だと思うのですが、そうすると取り出しがかなり困難になるので、実験していません。

    数段ずつシェルビングなどに入れるのが扱いやすい方法だと思います。

    ●本の収納ボックス[新書]

    新書用の収納ボックスです。タテ方向に使うことで文庫も3列できちんと収納できます。一般的な新書の場合ですと、1箱で約80冊が収納でき、コミックス(一般に新書より分厚いですから)は約60冊の収納です。もちろん新書とコミックスを混ぜて収めることもできます。

    一概に「新書サイズ」といっても出版社によって多少の異動がありますが、その最大のものであるNON Booksを基準に制作していますので、ほとんどの出版社のものが格納できます(2008-07に講談社のコミックスサイズに対応しました)。

    サイズは内寸353mm×460mm×118mmに設計されています。ただ、段ボールはその性質上、多少の伸び縮みが生じるため、上記寸法はあくまで設計時のものとご理解ください。段ボールの厚みが5mmありますので、外寸はこれより各辺で1cm程度大きくなります。

    ●本の収納ボックス[文庫]

    文庫本専用タイプです。文庫本が長辺方向2列にぴったり収まる仕様になっています。もっぱら文庫本をたくさんお持ちの方はこちらの方がいいでしょう。

    文庫本の厚さにはずいぶんバラエティがありますが、ひと箱で200ページ程度の文庫本がおおむね90冊収納できます。本箱に並べた状態で90cmの文庫本が入るわけです。90cmといえば大きめの本棚の1段分です。こちらもワンパッック10枚入りですから、ワンパックで本棚10段分の文庫本が収納できるわけです。

    サイズは内寸305mm×440mm×107mmに設計されています。段ボールはその性質上、多少の伸び縮みが生じるため、上記寸法はあくまで設計時のものとご理解ください。段ボールの厚みが5mmありますので、外寸はこれより各辺で1cm程度大きくなります。

    ●本の収納ボックス[B6/四六]

    B6判と四六判に適したサイズになります。コミックスでは「ワイド判」などという名前でB6サイズのものが増えてきています。一般書籍でも「?選書」などという名前の叢書はB6サイズですし、単行本でもB6サイズのものは少なくありません。

    四六判とは古い紙のサイズに由来する判型ですが、いまでも広く使われているサイズです。特にハードカバーの単行本にこのサイズを採用しているものが多いようです。紙の大きさとしての四六判は127×188mmですが、ハードカバーというのは表紙が中身のページよりひとまわり大きくなっていますので、本のサイズはこれより少し大きくなります。

    この両方のサイズの本をぴったりと収めるための収納ボックスが「本の収納ボックス[B6/四六]」です。サイズは内寸394×394mm×140mmに設計しています。

    これ正方形です。つまり底面の段差は発生しませんので、底板はついていません。そのかわりといっては何ですが、仕切り板は1箱に付き2枚ずつ入れてあります。B6/四六判の本はサイズのちがいがかなり大きく、最大のものと最小のものとの間で背の高さが5mm以上変わってきます。そこで仕切り板は2枚(1パッケージあたり20枚)。状況によって、複数枚の仕切り板をセットすることで、よりぴったりと格納することが可能になります。

    ●送料について

    本の収納ボックスは10枚(+仕切り板、底板)をパックした状態でお届けします。しかし、その形態上、どうしてもカサが大きくなります。本の収納ボックス[文庫]の場合ですと、ワンパックの大きさは縦横高さを合算すると129.5cmになります。

    つまり、どうしても送料が高くなってしまうのです。Yomuparaではお送りする商品の大きさにかかわらず、おおむねSサイズの宅配便実費に相当する額の送料をお預かりしています。実際の送料はそれを上回ることもあるのですが、差額は弊社が負担しています(またお買い上げ金額が1万円を超える場合は送料無料とさせていただいています)。しかしこの本の収納Boxについてだけは、かかる金額が大きく、かつ地域差がかなりあるので、たいへん心苦しいのですが、実費相当額を別途頂戴せざるをえないし、商品価格が1万円を超えても、無料とするわけにはいかないのです。

    また、この商品の形態上、他の商品と同梱することができません。ですので他の商品と同時にご購入いただいた場合は一般商品の送料+収納Boxの送料という具合になってしまうのです。

    たとえば文庫収納Boxを関東地方に送る場合、送料は¥780かかります。商品の価格が税込みで¥2,268なのにこの送料はねー、と思わなくもないのですが、事情をご理解いただければ幸いです。ただ、文庫を3セット同時のご注文でも送料は¥1,050までしかあがりません。

    つまり、まとめてご購入いただくと少しはお得になるということです。関東地方の例では1セットのお買い上げで、Box1枚あたりの単価は送料込みで ¥305弱、3パックなら¥262弱ということになります。この¥305(あるいは¥262)という単価をもとにご購入をご検討ください。もっとも、わたしどもは送料を入れても十分リーズナブルなお値段ではないかと考えております(ホームセンターなどで無地段ボール箱の価格をごらんになってください)。

    実際にかかる送料は「買物カゴ」に入れていただくことで自動計算されます(または「収納ボックス・送料シミュレータ」のページで計算してみることができます)。

    サイトで紹介していただきました

    All About[男のこだわりグッズ]/「新書収納Box」で本を片付ける 溢れる本に立ち向かうために2005-09-18

    ここのより綺麗な写真がいっぱい。なんだかこそばゆくなるくらい誉めていただいています。ありがとうございます。

    ポットの日誌 / 引っ越しました2005-09-14

    書き手が知合いなので公平さを欠くかもしれませんが、引っ越しに使用されたケース。キッチリ入ってキモチいい、というのは開発意図のひとつです。

    博物士/本のデフラグ2005-12-23

    北海道のお客様です。送料高くてすみません。コミックスがビシっと入った写真。壮観です。

    お客様の声本の収納ボックス

    星4つSH様(40・男性・教職・京都府京都市左京区)2010-06-14

    文庫、新書ともきちんと収納できてとても便利です。
    トールサイズが増えてきた早川文庫がきちんと収まるかどうかわかりませんが。
    段差を追加の底板で埋めるよりは、底の一方を長くできればきれいにいきそうですが、歩留まりとかの関係で難しいのでしょうね。またフタは開け閉めが考慮されていないので差し込みやはめ込みなどになっていると便利かと思いますが、高くなってはしょうがないですね。積み上げれば下のは気になりませんが、最上段のがパカッと開いてしまうのは、なんとも落ち着かなくて。

    [YOMUPARA] 収納ボックスの内寸は約305mm。早川文庫トールサイズは従来サイズより天地が5mm高い157mmです。従って、残念ながらトールサイズのみを2列にピッチリ収めることはできません。従来サイズとトールサイズの組み合わせでしたら、ちょっと無理をすればギリギリ収まるかなぁというところです。今後、他社でもトールサイズが増えてくれば、サイズ変更も考えるつもりです。
    また、その他、改良が望ましい点についてのご指摘はおっしゃる通りです。できるだけ価格を抑えてご提供したいため、現状の「シンプル」なスタイルになっております。ご理解下さいませ。

    星5つのっち様(20代・男性・フリーター・千葉県柏市)2009-03-03

    大量に積んでいたワイド版のコミックスを綺麗に整理する事が出来ました。ピッタリとサイズが合うため収納スペースに無駄がなく、部屋が広くなりました。5箱分を積み上げていますが箱が潰れると言う事もありません。
    また偶然にもDVDやBDのジャケットとも奥行のサイズが共通のため、原作の文庫本などと一緒に映画のディスクを収納しています。まさにお気に入り作品のライブラリーが出来上がりました。
    本ではありませんが、劇場のパンフレットを収納できるB5サイズに対応した商品が欲しいと思いました。

    星5つA.S.様(20代・女性・東京都文京区)2009-03-23

    これまで本棚に入りきらない本は適当なダンボールに入れていたのですが,大きさが合わず本が曲がってしまったり,隙間があると積み上げたときにダンボールがへこんでしまったり,と困っていました。
    Yomupara さんの本の収納ボックスは,ちょうど良いサイズです。さらに,全体の大きさもちょうどよく,本をいっぱいに詰めても持ち上げられないということがありませんでした。


    星4つキョウイチ様(40・女性・自営業・兵庫県芦屋市)2009-05-12

    全サイズを買って試してみたのですが、どれもとても使いやすかったです。
    特に変形しやすい文庫がきっちりおさまるのは素晴らしいと思いました。
    ただ、新書版については、各社微妙に好き放題なサイズで出しておられるので、B6サイズのほうを買って間仕切りで調節したほうがかえって使い勝手がいいかもしれません。

    あと、本気で蔵書すべてをこの箱に詰めているとたいへんな箱数になるので、間仕切りで仕切りながら、一箱にもっとたくさん詰められる仕様のものがあれば素晴らしいと思いました。

    →この商品の全てのレビューを見る

    ORDER

    ■本の収納ボックス[新書]

    新書用の収納ボックスです。タテ方向に使うことで文庫も3列できちんと収納できます。

    商品名
    本の収納ボックス
    サイズ
    新書
    内容
    ボックス10枚/底板・仕切り板各10枚
    商品番号
    12001
    価格
    \2,592(税込)
    数量
    sold_out

    ■本の収納ボックス[文庫]

    文庫本専用タイプです。文庫本が長辺方向2列にぴったり収まる仕様になっています。もっぱら文庫本をたくさんお持ちの方はこちらの方がいいでしょう。

    商品名
    本の収納ボックス
    サイズ
    文庫
    内容
    ボックス10枚/底板・仕切り板各10枚
    商品番号
    12002
    価格
    \2,268(税込)
    数量
    sold_out

    ■本の収納ボックス[B6/四六]

    B6判と四六判に適したサイズになります。コミックスでは「ワイド判」などという名前でB6サイズのものが増えてきていますね。

    商品名
    本の収納ボックス
    サイズ
    B6/四六
    内容
    ボックス10枚/仕切り板20枚
    商品番号
    12003
    価格
    \2,862(税込)
    数量
    sold_out

    アルバトロスに4個セットが登場

    フランス製オートマチックしおりAlbatros(アルバトロス)に1セット4色のパッケージが加わりました。
    ちょっと大人っぽい日本オリジナルカラーです。

    FlipKlipがリニューアル。

    カラーが大幅に変わり、シックな大人の色になりました。さらに1色増えて、全6色に。

    LEVO G2フロアスタンド再入荷!

    お待たせしました。究極の読書スタンド「LEVO G2フロアスタンド」が、再入荷しました。

    コピー商品の警告

    Gimbleトラベラーの粗悪なコピー商品が、「ブックストッパー」等の名称で、amazonで販売されています。
    パッケージはそのままコピー。製品の形状は同じですが、仕上げが雑で、アームの伸縮も正しく機能しない極めて粗悪なものです。どうぞご注意下さい。
    なお、amazonで「快読ショップ」で検索して表示されるものは、弊社正規輸入品のです。

    メールアドレスのご注意

    フリーメール、ことに「yahoo」メールをお使いの方は、ショップからのメールが自動的に迷惑ボックスに入り、ご連絡が届かない状況が多発しております。自動削除を解除し、迷惑メールフォルダー等もご確認下さい。
    また、携帯電話のメールをご利用でドメイン設定を行っていらっしゃる場合は、 shopmaster@yomupara.com からのメールが受信できるよう設定してください。

    ギフトラップについて

    ご希望により無料にてギフト包装をさせていただいております。
    ご注文時に通信欄にご希望の旨、ご記入ください。

    新入荷・再入荷のお知らせ

    ★イヤーマフ用汗取りパッドが入荷しました。薄い粘着シートで使い捨てですが、5ペアで1セット。複数の方でご使用になる場合は便利です。

    ★「イヤーマフ・ハイジーンキット」Billsom LOF、L3用のイヤークッションと遮音スポンジ部分の取り替えキットが入荷しました。

    お買い物かご

    当店のレジシステムはクッキーを利用しています。お使いのブラウザを「クッキーON」の設定にしていただくか、メールまたはファックスなどでご注文をお願いします。

    ご利用ガイド

    ご注文・ご返品

    お支払い・送料

    特定商取引法のための表示

    海外発送について

    プライバシーポリシー

    会社概要

    品物を見て買うには

    下記の各店では、当店のラインナップのうちいくつかの商品を実際に手に取ってご覧いただけます。在庫につきましては、各店に直接お問い合わせ下さい。
    鎌倉・松林堂書店
    鎌倉駅前の松林堂書店にはYomuparaコーナーがあり、当店のラインナップのうちいくつかの商品を展示販売していただいております。
    福井・勝木書店新二の宮店
    福井市芦原街道沿いの勝木書店新二の宮店にはYomuparaコーナーがあり、当店のラインナップのうちいくつかの商品を展示販売していただいております。
    埼玉・勝木書店KaBoSららぽーと新三郷店
    埼玉県三郷市ららシティにオープンした勝木書店KaBoSららぽーと新三郷店にもYomuparaコーナーができました。当店のラインナップのうちいくつかの商品を展示販売していただいております。
    関西・ナガサワ文具センター
    本店(三宮)、プレンティ店(西神中央駅)、梅田茶屋町店(大阪・梅田)の各店で、当店のラインナップのうちいくつかの商品を展示販売していただいております。
    東急ハンズ・名古屋店
    文具フロアー・読書用品コーナーで、当店のラインナップのうち直輸入品の一部商品を展示販売していただいております。

    出荷日情報

    在庫のある商品に関しては、営業日の午後1時までのご注文は即日。それ以降のご注文は翌営業日の出荷になります。

    LINK

    蔵書DB作成Webアプリ(当サイト内)
    書誌コレクター

    総合ブックレビューサイト
    BookJapan