快読ショップYOMUPARA
アイテム(製品情報)
読書ライト
  • 寝室読書灯L-Flex OLE
  • 寝室読書灯L-Flex OLEクリップタイプ
  • テーブルクッション
  • テーブルクッション 
  • ラップトップトレーテーブル
  • 蔵書データベース
  • バーコードリーダ
  • 読書スタンド
  • LEVO G2フロアスタンド
  • Malobrà(マロブラ)
  • ページ押え
  • Gimbleトラベラー
  • ブックストッパー
  • ページホルダー/li>
  • ブッククリップ 
  • FlipKlip
  • サムシング
  • 書見台
  • Malobrà(マロブラ)
  • easy-read
  • BookGem
  • BookBax-mini
  • しおり・ブックマーク
  • Albatros(アルバトロス)
  • FAQ ここまで読んだMONO
  • mark_my_time
  • BookDarts
  • PageKeeper
  • スワンタッチ
  • 本から落ちないしおり
  • きんのしおり
  • Intervista Libriメタルブックマーク
  • ミュージックチェーン
  • ハッピーフェイスクリップ
  • メタルインデックス
  • メタルバーブックマーク
  • アニマルブックマーク
  • BookSling
  • BookSling MINI
  • キャットブックマーク
  • 本棚グッズ
  • James the bookend
  • ブックスペーサBook-X
  • 本棚の地震対策グッズ
  • 本の補修用品
  • ペーパーエイド
  • 補修クリアテープ
  • ブックグルー
  • 革装本トリートメント剤
  • ソルベントとラバークリーナー
  • 本のラミフィルム
  • フィルムルックス609
  • フィルムルックスソフトPP
  • フィルムマット
  • CoLibri
  • フィルムカバー用スクイージー
  • ブックカバー
  • 革製ブックカバー四六版
  • オイルレザー/グローブレザーブックカバー 
  • レザラボブックカバー
  • ミュージックforリビング ブックカバー
  • ブックショルダー
  • ブックフェイス
  • 布本包
  • キャンバス(帆布)ブックカバー
  • 三河もめんブックカバー
  • HSブック&カードホルダー
  • エコノミーブックカバー 
  • HSカバーる
  • kenema手拭いブックカバー
  • オーディオブック
  • CDセロ弾きのゴーシュ
  • おきなわおーでぃおぶっく
  • 人類館
  • 静音グッズ
  • イヤーマフ
  • 科学の耳栓・サイレンシア
  • BookSling(ブックスリング)648円

     イージーリード

    書き込み派/アンダーライン派必携。本に付けるペンホルダー+しおり。

     

    本に書き込みをしますか? あるいはアンダーラインを引きますか?
    これは大きく2派に別れるようですね。本を汚したくないから書き込みは一切しないという人がいるかと思えば、本って使うためにあるんでしょ。バンバン書き込んじゃうし、大事な箇所には線をひきまくる、って方もありますね。司馬遼太郎はどんな稀覯本にだってためらわずドシドシ書き込んだそうです。

    書き込み派あるいはアンダーライン派にとって「アレっ、ペンはどこ行ったっけ問題」は些細ではありますが、けっこうイラっとさせられるものではないでしょうか。特に通勤時や、ソファやベッドで読んでいる時には、周りにペンがないってことがよくあります。書き込みは一瞬の反射神経ですから、ちょっとでも空白の時間が挟まれてしまうと、いったい何を思いついたのか忘れちゃうってことだってあります。

    だから、ペンが本に常時くっついていればいいんです。そうすれば、イザ書き込みって時にペンを探さなくても大丈夫。何か書き込みたい時、あるいはアンダーラインを引きたい時に即座に対応できちゃいます。

    BookSling(ブックスリング)は「本にとりつけるペンホルダー+しおり」です。いわば「幅広のゴムバンドの両端にペンを挟むためのワッカがついている」という形状をしています。バンド部分を表紙にセットすることで、本の上と下に計2本のペンをセットできます。1本は書き込み用のボールペン、もう一本はアンダーライン用のラインマーカーという具合の組み合せだってOKです。取り付けるペンは、万年筆や4色ボールペンのように太いものはいささかキビしいですが、通常の太さのものであれば、お好みでどのようなものでも(ただ、文庫や新書サイズにセットする場合は、少し短めのものでないと、横にはみ出てちょっとだけカッコ悪い)。もちろん普通の本だけでなく、手帳やノート、スケッチブックなどにも使えます。

    メーカーによると適合する本(など)のサイズは高さが6.25〜12インチ(大体16〜30cm)、つまり文庫サイズより少し大きめからA4程度まで、ということですが、実際に本にセットしてみると、ツッコミどころがいくつか出てきます。サイズ外である文庫サイズは(ちょっとユルいけど)OKですが、B5以上のサイズのソフトカバーはかなりキビしいです(詳しくは下記)。従って、文庫から四六やA5判(ま、一般的な書籍の大部分ってことですね)のものがYomuparaとしての適合サイズということにさせていただきます。

    色は「クランベリー」(しおりの部分が赤)、「マンゴー」(同じく黄色)、「グレープ」(同じく紫)の3種類(ベルトの部分はどれも黒です)で、価格は648円(税込)。カリフォルニアのマウンテンビュー(とてもきれいな街です)の「everyday innovations」社の製品で、中国で製造されています。商品のコンセプトはもちろん、商品の仕上がりやパッケージング、カラーバリエーションの呼称など、はしばしにメーカー(の人たち)のキャラがにじみ出ているような気がします。

    姉妹品にペン付きの「BookSling MINI」がありますが、こちらは主として本じゃなく、モレスキンなどの堅表紙の小さな手帳向きの製品です。

    ●ペンは2本セットできる

    BookSlingは一種のゴムバンドのような形状ですので、裏表紙にこのようにセットします。本の天地に2本のペンを取り付けることができます。たとえば1本は書き込み用のボールペンもう1本をラインマーカーとか、上には黒ペン下には赤ペンなんて組み合せはいかがでしょう。もちろん、1本だけでも使えますし、その際にもペンのためのループは邪魔になったりはしません。

    ●しおりにもなる

    BookSlingは「しおり」にもなります。ちなみにこの商品は当店の商品分類(ページ左側のカテゴリー)では「しおり・ブックマーク」の中に入っちゃっていますが、しおり機能はオマケみないたものです。

    ●文庫にセットする

    製品のスペック(6.25〜12インチ)より高さの低い文庫本(約15cm)ですが、大丈夫。ちゃんと使えます。写真でおわかりのように少しブカブカなんですけれど、ユルすぎるということもなく、ペンの抜き差しの時に指でちょっと押さえてやることでお使いいただくことが可能です。ただし通常の長さのペン(普通15cm程度です)では、文庫の幅より飛び出した感じになります。もちろん実用上、たいして問題にはなりませんが、気になる方は手帳用などの短い筆記具をお使いください。写真ではトンボ鉛筆の「レポータコンパクト」という短めの4色ボールペンを使っています。こんなのならはみ出したりしませんね。

    ●新書にセットする

    BookSlingの基本ルールは下で説明しますが、新書はソフトカバーであるにもかかわらず、その高さが17.3cmと比較的短いため、表紙だけを挟むことでOKです。表紙(ソフトカバー)の紙質やカバー(ジャケット)のありなしによっても変わってきますが、新書から四六判、A5判程度のものなら、表紙だけでなんとかなります(ゴムが強すぎて表紙が曲がってしまうような場合は、表紙付近の20ページくらいを一緒にベルトに挟み込んでください。

    ●適合する本のサイズ

    BookSlingの基本ルールは「高さが6.25〜12インチ(15.88〜30.48cm)の本でハードカバー(堅表紙)のもの。ソフトカバーについては、表紙とともに20ページくらいを一緒にベルトに挟み込む」というものですが、実際に試してみると、この基準だけでは説明が十分でないように思います。上でも述べたように文庫サイズはルールの下限より小さいですが使えます。新書からB6程度の本の場合、ゴムをあまりひっぱらないためか、ソフトカバーのものでも、表紙だけで大丈夫。それより大きなA5や四六は、表紙の紙質によっては、20ページくらいを表紙と一緒に挟む必要が出てきます。B5(257mm)やA4(297mm)になってくると、ゴムをかなり伸ばさなければならないため、ソフトカバーではたとえページを一緒に挟み込んでも、クニャと曲がってしまう場合が多くなります。特にA4程度のサイズになると、ハードカバーでもかなりしっかりした材質のものでないとキビしくなります。

    B5というのは週刊誌サイズですから、ほとんどの本はそこまで大きくありません。ですんで、ま、大丈夫というわけですが、ノートや大判のテキストなどに使ってみたいと思われる方は、あらかじめこのことをご承知おきください。



    ●DM便でもお送りできます

    商品のパッケージはこのような感じです。配送はDM便でもOKです。DM便OKの商品同士でしたら、複数点でもDM便をご指定いただけます。DM便なら送料は全国一律100円。レジでご指定ください(DM便OKの商品のみのお買い上げ時のみ、DM便選択画面が出てきます)。



    ●ビデオをご覧ください

    使い方のビデオをご覧ください。英語ですがのーぷろぶれむ。見りゃわかります。後半の地図帳みたいのでは「ソフトカバーの場合は表紙だけじゃなく20ページくらいを一緒にはさむとうまくいくよ」と申しております。



    ORDER

    ■BookSling

    商品名
    BookSling
    カラー
    クランベリー
    商品番号
    14061
    価格
    ¥648(税込)
    数量
    sold_out

    ■BookSling

    商品名
    BookSling
    カラー
    マンゴー
    商品番号
    14062
    価格
    ¥648(税込)
    数量

    ■BookSling

    商品名
    BookSling
    カラー
    グレープ
    商品番号
    14063
    価格
    ¥648(税込)
    数量

    閉店のお知らせ

    長らくのご愛顧に心から感謝申し上げます。 今後とも、読書好きの皆様がより充実した、そして快適な読書生活をお楽しみ下さるよう、お祈りいたします。

    閉店後の予定

    今後も面白い便利な海外の製品を探し続けたいと思います。販売は amazon
    が中心ですが、東急ハンズ様などでもお取り扱いいただいております。直接、各店舗にお問合せ下さい。

    LEVOフロアスタンド

    これまで弊店でLEVO、LEVO G2をご購入いただいたお客様で、追加のプラットフォーム、その他オプション品をご希望の方がおられましたら、メール < yomupara@gmail.com > でお問合せ下さい。在庫がある限り、ご対応いたします。

    コピー商品の警告

    Gimbleトラベラーの粗悪なコピー商品が、「ブックストッパー」等の名称で、amazonで販売されています。
    パッケージはそのままコピー。製品の形状は同じですが、仕上げが雑で、アームの伸縮も正しく機能しない極めて粗悪なものです。どうぞご注意下さい。
    なお、amazonで「知識工学研究所」で検索して表示されるものは、正規輸入品のです。